×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




【和時間】とは?
●2010/11/14 更新
 ・年月日を追加
 ・au限定で精度向上
  ※当社比()笑


[最新ver]
 └→Download



江戸時代の時刻制度の不定時法(注1)を表現した待ち受け。

なんとなく自然の時間が分かるようなアバウトな時計のようなものです。
iPhoneやスマートフォンなんかじゃ色々アプリがあるようですが、普通の携帯しか持ってないもんで作ってみました。

[注1]
日の出(夜明け)/日の入(日暮れ)の間を、それぞれ6等分した時法。

時間
[空の色][十二支]で時間を表します。
≪画面1≫
アナログ時計?
※ver.2以降
大雑把な1日の時刻
≪画面1_2≫

今日の年月日
ver.3以降
[平成]のみ対応。
≪画面1_3≫

バッテリー残量
[バッテリー残量][炎の大きさ]で表します。
≪画面2≫

電波状態
[電波状態][木戸の開き具合]で表します。
≪画面3≫

曜日
[曜日]ごとに[炎の色]が変わります。
≪画面4≫

月齢
[月の形]が、[実際の月]と連動してます。誤差が±1日あると思うよ!
(゚д゚)
≪画面5≫

天気情報と時刻
au限定の機能です。
画面が[天気予報と連動]し、[天気エリア]を基準とした時刻(注2)になります。

天気・時刻を連動させるには以下の設定をして下さい。
[天気エリア]を設定
[待ち受け]にする
≪画面6≫
[注2]
 機能制限版では、時刻の基準地点は5分刻みで計算・処理されます。(アバウト仕様)
クレジット
[参照データ]
■国立天文台
http://www.nao.ac.jp/koyomi/dni/

[使用ツール]
■Suzuka
http://www.cty-net.ne.jp/~uzgensho/

■ParaDraw
http://www.geocities.jp/coa9999/
バグ等は↓まで

気が向いたら修正するカモネ
(´ω`)